ネット順番取りシステム

耳鼻咽喉科・気管食道科
アレルギー科・小児耳鼻咽喉科
医療法人社団紫水会
都立大わたなべ耳鼻咽喉科
〒152-0023
東京都目黒区八雲2-8-11
第一益戸ビル1F
TEL: 03-5726-1133
無料駐車場あり

外来手術

当院で行っている外来手術

下甲介粘膜焼灼術(いわゆる鼻のレーザー手術)

アレルギー性鼻炎の外科的治療

花粉症、アレルギー性鼻炎の方に行う手術です。
当院ではAPC(アルゴンプラズマ凝固)という機器をメインに使用しています。
手術時の痛み・出血は少なく、個人差ありますが8歳くらいのお子さんから可能です。
外科的治療は特に鼻づまりがひどい鼻炎の方に効果的で、鼻づまりの改善満足率は90%程度です。一方鼻水・くしゃみの改善率は70%程度とやや落ちるといわれています。
外科的治療によってアレルギー体質が根本的に治るわけではありませんが、一度手術をすると1~2年間は効果が持続します。また1回の治療で満足な効果が得られなかった場合、短期間のうちに連続して数回行うことも可能です。
手術の時期ですが、スギ花粉症の方はスギの花粉が飛び始める少し前には治療を終わらせておいたほうがいいとされています。一年中の鼻炎の方は、季節は特に関係ありません。

鼻茸(鼻ポリープ)

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)や重度のアレルギー性鼻炎の方に発生し、重度の鼻詰まりがおこります。鼻茸の根っこは鼻のかなり深いところにあるので、根治的な手術は入院・全身麻酔が必要になります。当院では入院の時間がとれない方のために日帰りで鼻茸の部分切除を行っています。安全第一のため鼻茸の根っこは残ってしまいますが症状はかなり改善されます。

扁桃肥大

大人の方でも扁桃腺が大きい方がいます。大きくても何も症状がなければ問題ありませんが、いびきや睡眠時無呼吸の原因になることがあります。当院では扁桃腺のサイズダウン目的に扁桃表面を焼灼する手術を行っています。
細菌感染のため頻回に高熱を伴って炎症をおこす習慣性扁桃炎の方は、入院での扁桃摘出術が必要ですのでこの治療の対象とはなりません。

膿栓

扁桃腺の表面にはくぼみ(陰窩)があり、そこに雑菌が繁殖したり食べ物のカスが貯まってできるのが膿栓です。口臭やのどの異物感の原因になることがあります。当院では扁桃表面を焼灼してくぼみ(陰窩)を小さくすることで膿栓が貯まりにくくする手術を行っています。
ただし、膿栓による違和感の感じ方は個人差があり、全員が手術の適応となるわけではありません。

クリニック案内

医院名
医療法人社団紫水会
都立大わたなべ耳鼻咽喉科

院長
 道隆
住所
〒152-0023
東京都目黒区八雲2-8-11
第一益戸ビル1F
診療科目
耳鼻咽喉科・気管食道科
アレルギー科・小児耳鼻咽喉科

電話番号
03-5726-1133